トップページヤエン釣りへ
ウキ釣りで釣るアオリイカ
時間を見つけては少しづつ書き換えたり書き足して行きますので日にちを置いてまた寄って見て下さい。
活きアジは元気なアジに絶対かなわない。

夕まず目の釣れる時間帯は力を入れて要領良く集中的に釣る。

釣れる時はウキが大きかろうが、鉛が重たがろうが、アジが死んでいようが、簡単に釣れてしまう。

釣れた時上手いこと足の根元に掛かっていると針を外す時に気を付けないと口が伸びてきて噛まれます痛いですよ。

イカ釣のウキ仕掛け
釣り人の多い防波堤だとヤエンでは隣の人と仕掛けが絡まるのでウキ釣りしか出来ない。夕まず目のアタリの多い時にはヤエンで1枚釣る間にウキ釣りだと3〜5枚は釣れるので効率が良い。

アタリの多いときはイカが釣れた時に頭をかじられたアジが付いて上がって来るけどイカをはずすとすぐにそのアジのままで投げ込んでおきそれからイカをイケスに入れていると次のアタリが有りますリールは必ずフリーにしておかないとイカに竿を持って行かれてしまいます。乗りの良いときは死にアジでも関係無く乗ってくる。

エサのアジは赤アジの大きめでとにかく元気なアジが絶対に良い泳がないアジにはアタリが少ない、夕まず目とか潮の関係でアジの活性が上がりよく泳ぐ時間帯が有ります、アジが良く泳ぐから良いのかイカの活性も上がって餌を取りに行くから良いのかよくは分からないけどウキをよく引っ張って良くアジが泳ぐ時はアタリがある。

エサのアジはは赤アジが好き。浮き釣りで青アジだと底に潜って行きにくく少し弱って来たり水温が下がると水面を泳ぐので釣れないばかりか道糸がPEラインの為にイカリが道糸に引っかかり解けないので時間を取ってしまうし道糸を10メーター切ってしまわなければ成らないので力が入らないです。底に泳がないときは鉛をヨオリモドキの上に付けるけどアタリは少なくなります。

防波堤の釣り人が沢山いる時は、4号の竿に10号鉛内臓3号負荷の浮きを使い 【徳島では ど遠投と言う名前で売っている】遠投して釣っているが、 活きエサのアジが2〜3回投げると、弱ってきてイカの乗りが悪くなるので、 活きアジを沢山使うし竿が硬いためにあまり面白くない。

人がいなくて自由に出来る場所では 2号の竿に2号鉛負荷のウキを使って釣っているが、浮きから下には鉛は無いほうがアタリが多いです。でも原因が良く分からないし思い込みだけかも分からないが夕まず目のアタリの多い時にはヨリモドキの上に5号位の鉛を付けた方がアタリが多い。
イカ釣り用のウキ

2号負荷から12号鉛負荷までを使用しています、良く使うのは電子ウキの3号鉛負荷のウキの根元にやっとウキが自立する位の板重りを巻きその上から糸で巻いて補強をして使っています。

投げ込む時に秋のアジが17センチの大きさだと2号鉛自立ウキでアジが先に飛んで後からウキが付いていくので絡まないし、アジの弱り方が少ない。

3号4号鉛負荷の自立ウキではアジと重たさが同じ位なので飛び方が不自然になり絡む事があるしあまり飛ばない

5号以上鉛負荷の自立ウキでは完全にウキが先に飛んでアジが後から付いていくので絡見にくいし鉛を大きくすると遠投が出来る様になりますがアジの弱り方が早く3投位しか持たない。

アジが弱って底に泳いで行かない時や夕まず目の良くアタリの有るときは5号位の鉛が入ってないウキで6号の鉛をヨリモドキの上に付けている。

右の写真の電子発光は両端と真中に電池を入れて光らせています、真中の電池は大分使っているので電池容量が少なくて少し暗くなっています。右の4本はリチュウム電池交換方式に改造したものです。

5号鉛負荷以上の発砲ウキにはケミホタルの緑色だと遠投すると見えにくいので赤色電子発光のデンケミを発砲ウキに穴をあけてを差し込んで使っています。

デンケミは使い捨てなので経済的に悪いから発行ダイオードの頭部分をソケットを付けたまま切り取りケミホタルに付いているチュウブを差し込んでケミホタルの本体を半分より少し大きい目に切ってそのチュウブに差し込んで電池交換式に改造しました。

右の写真は良く使うウキです、左は2号負荷電子ウキの下に鉛を蒔いたもので釣り人が少なくて水深の有る釣り場で使っています。根掛かりが分かり良くアジも弱りにくく良く泳ぐのでアタリも多い。

アジが底に泳ぐと簡単にウキを持ちこんで根掛かりするので水中に入ったウキの光の感じでリールを巻いてアジを浮かせて根掛かりを防ぎます。そのウキを持ちこんでいる時にアタリが多いのでリールを巻くときにゆっくりと手応えを確かめながら巻きます。

右の写真の右のウキは6号鉛を埋め込んだ手作りの中通しウキです、やっと浮く位に浮力をとってあるので遠投が利きます、釣り人が沢山居る夜の防波堤で使っています、昼釣りには浮力が無いので見えにくい為に2つ上の写真の下の右から3つ目の市販のど遠投と言う名前で売られている6号鉛内臓の2号負荷のウキを鉛無しで使っています。

釣り人が多くアタリの無い時には、2つ上の写真の下の右から2つ目のど遠投ウキ10号鉛内臓3号負荷のウキを硬めの竿を使って遠投して釣っているがアジがすぐに弱るので多めにアジを持って行って行かなくてはならない。皆が釣っていない沖を遠投して釣ると1投目にアタリが多い。

どの釣り場でも安定して釣りやすいのは夜で固めの2号竿に電気ウキの2号自立ウキ、昼はウキだけを木製の2号鉛内臓ウキに変えるこの釣具のバランスが投げよいし絡まないし落ち着いて釣れる。
ウキ仕掛け掛け針

ハリスは2号を1ヒロから2ヒロ取っています、地磯など水深が有りあまり投げなくて良いところでは2ヒロ防波堤の釣り人が少ない時は遠投がしやすい1ヒロ位取っている。

釣り人の多い時には道糸を張らなくてはならないので道糸を張るとウキより下に鉛を付けていない為に仕掛けが浮き上がってウキ下が浅くなるので1ヒロ半取って道糸の張り方には注意をする必要が有る。

掛け針はLサイズイカリを使用しています。いつも買ってくるイカキッドと言うイカリは返しが付いているのでペンチで返しを潰してから使っています。

返しが有ると上手いことイカが3〜4本の針に掛かっていると外すのに時間が掛かるし夕まず目で急いで居る時は針先で指を突くことも有る。

掛け針を小さくすると針の自重が軽くなるのでアジを付けて投げる時にアジが暴れるとイカリが踊ってハナカンの上まで飛び上がり絡んでしまうので大きめのイカリを使っている。尻尾より長く取ると絡まないがイカの掛かりが悪いような気がするから気持ちの問題で自重があるLサイズを使用しています。

ハナカンはチヌ針の5号を使って鼻の下のムナビレ寄りに通している。3〜4号を使って鼻に通したり鼻から通して頭の硬い所から針先を出したりしましたが力を掛けて遠投をするとアジがちぎれてしまうので今の所チヌ針5号をPEラインの1.5号で110回編みこんで使っています、編み込みは1.5号だと100回以上は編み込まないと滑ってしまうことが有ります。掛け針はアジの尻尾より3センチ長くなるように調整しています。
ウキ釣りのアワセ
水深が浅い釣り場と水深が有ってもウキ下を浅く取るとウキが綺麗に沈んで行く事が多い、アジの引っ張りは歯切れ良く引くがイカのアタリはゆっくりとユラーとしながらウキが入って行く、根が掛かりのように少しウキが沈んだり出たりウキが潮の流れより速く動いたりアジが泳いでウキを引っ張っているのかなと思うようアタリと色々。

ウキに変化が出たらすぐにゆっくりとリールを巻いて行くとイカの手応えは良く分かるので、しゃくって合わすのでは無く手を伸ばして竿を前に突き出してからイカの重みを感じながらイカからアジを奪い取るような感じで力強く同じ強さと大きい動作で竿を後ろに倒して行く途中で重くなって掛かったのが分かる。1キロ有ると根が掛かりと同じ感じなのでそれ以上竿を倒さないでいるとしばらくしてグイグイ引き出すのでこの瞬間が一番ゾクゾクする。

ウキに変化が出てアジの引きかも分からないとほって置くとイカが走り出すので走っている時は道糸をフリーにして走らせるイカが止まってから竿を前に突き出して道糸を張ってイカの感触を確かめながらイカを30センチ〜50センチこちらに寄せてくる感じの途中からイカからアジを奪い取る感じで大きく合わせる。

水面をイカがアジをくわえて動いている時は小型が多い、ウキが止まるとゆっくりリールを巻いてくるイカが付いてくるようだと確認をしてからゆっくりと手前まで寄せて来て合わすか、アタリがよく出ていて時間の惜しい時はイカが付いてくると確認した時点でこの場合は大きくしゃくって合わせる。

取りこみは水深があり近くで掛けた時にはハリス2号が切れる位引っ張っても身切れは無くイカの引きを楽しめるので面白い、遠投して掛けた時はたまに身切れが起こるので強引には出来ない、遠投するほどアタリが有ってから道糸のたるみを取るためにリールを巻いている時間が長いためその間に走られてしまうと掛かる確率が落ちてくる。

トップページヤエン釣りへ
Copyright©2002,/Kago. All right reserved.


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー