トップページウキ釣りへ
ヤエンで釣るアオリイカ
釣り道具

竿 2〜3号の磯竿、 中通し式の釣り竿がヤエンを通す時にやりやすい。

リール 小型〜中型のスピニングリール 両軸リール
リアードラック式のスピニングリールが遠投しやすいしイカを掛けた後のやり取りが容易になる。

道糸 ナイロン2号〜4号PEライン1〜2号、 白色糸を使うと夜釣りやヤエンを通す時など糸が見えやすく使よい。

ヤエン 色々な構造とタイプのヤエンが市販されてます。一般的なのは3段針のシングルアームです。

釣り方

アジの投入 まずアジの尻尾に道糸を少し強く結び軽く遠投してリールのドラックを一杯に緩めて道糸が軽く出て行くように調整して竿掛けに竿を掛けておきます。防波堤の場合はリールのベールを起こして開き道糸をジュウスの空き缶に引っ掛けて置いておきます。

アタリ ほとんどは道糸を引っ張って行くアタリですけど一部に手前に寄って来て道糸がたるんだり穂先が少しだけ入って動かない場合もあるのでアジの動きとは違う穂先と道糸の動きが有ったらゆっくりとリールを巻いてみる、イカが乗っているようだと確認したらそのまま竿を置いておく。

ヤエンの投入 道糸を引っ張って行っている時はイカの動きが止まるのを目処にする。止まっては走り止まっては走りする時も有るのでゆっくり動きが止まるのを待つ。道糸を引っ張っていないアタリの時は最低でも3分間ほど食わせてからヤエンを投入する、その時はヤエンが海中に入るまで必ず手で道糸を持っておい、ヤエンが海中に入ったのを確認してから、道糸を張りながら竿を大きく立てます。ヤエン投入のタイミングはイカの動きが止まった時に入れてもいいし手前までイカを寄せて来てから入れても良いし、どのタイミングが良いかは正解がないようだ。

合わせ方 ヤエンがイカまで届いたらアジを奪い取る感じで思いきり合わせてもいいし、少し待ってイカが引いたときに動作を大きくフワーと合わせてもいいし、道糸を張ったり緩めたりしながら掛かるのを待ってもいいし色々です。イカに針が掛かると一味違う逆噴射の重たく強い引きに変わるので分かります。

掛かったら 慎重にイカのどこに掛かっているか分からないのでハリス1号で寄せて来る感じで強く引くときは道糸を出しながらユックリとやさしくやり取りをする。必ず竿にはイカのテンションを掛けておき道糸はたるませないで寄せて来る。

とりこみ イカが近づいて来てタモをイカの前に持って行き見せるとものすごい逆噴射で逃げるので後ろからスウーと入れるか、掛かり所をよく見て足の根元に掛かっているようだと少し頭を水面に出してからタモを入れる。イカギャフを使うとイカが驚かないので逆噴射で逃げないから取り込み良いかも。


ヤエン釣りハウツー
ヤエン釣りの仕掛け

中通し竿が糸絡みしないしヤエンを入れる時に竿を握って竿先まで行けるし先端が太い為にケミホタルが先端に付けられるのでヤエン釣りの時は中通し竿が便利で使いやすいです。

私の使っている中通し竿は価格が安いのを買ったし手入れをしない為2時間使うと道糸が竿の中で引っ付いて遠投が利かなくらリますから遠投の必要な釣り場では3号竿の外ガイド付きを使用しています。

リールは別に不便は感じていないので小型のフロントドラッグ方式に1号のPEラインを100〜150メーター巻いています、ラインによっては塗装かすが竿の中に溜まって糸の出方が悪くなってしま物も有ります。次シーズンは0.8号を使用して見るつもりです。

ケミホタルは投げ釣り用の挟み込むタイプを使っていますが外す時に注意をしないと簡単に竿を折ってしまいます。デンケミをビニールテープで止めて使う事も有ります。

針はグレ針8号を道糸に直結してアジの尻尾の下側に通しているだけです。ヤエン釣りもアジの元気なのが1番ですから先に小さな水汲みバケツにアジを移してから右手で針を持ってから滑らないように手袋をはいた手で水中の中で軽く握り手早く針を通すだけ。

針を使うと根が掛かりがたまに有るから道糸で尻尾をくくるのが良いのだけど手早く出来ない為にアジが弱るような気がして手軽に出来る針を使って止めています。
手作りヤエン

昼釣りや夜釣りでも浮き釣りでアタリが無い時、2月前後の水温が下がってアナゴのアタリが無い時及び海岸からの釣りではヤエン釣りをしています。ウキ釣りに比べて平均でアタリは多くなります。

ダブルアームも使った事が有りますが掛かる確率と掛けるまでの時間は変わらないと思いますので。好みの問題でシンプルで軽量なシングルアームヤエンを使っています、

右の写真は手作りのヤエンです、持ち運びが便利な為に車から釣り場まで長く歩くときは手軽な為によく使っています。

掛け針は極細軸4本針Lサイズを0.5ミリの主軸のステンレス棒を半田付けしてあります前支柱は1.2ミリ、後支柱と後主軸は0.8ミリを使っています。

前主軸と後主軸は石鯛針の補強用品のクビフリーのサイズ200と言うスプリングで繋いでいますので前支柱を支点ににして賭け針が跳ね上げ式になっています。

後ろのバランス用鉛は0.3号と0.5号を使っています、針先が15度前後上に上がるように調整をしています。鉛が軽くて滑りが悪い為に道糸の角度が45度以上あるとイカに届くまでに想像で2分位かかっていると思うし、イカまで届いているのか、まだ降りて行っている最中なのか分からないから想像で釣る事になりますので不安があります。

主軸が0.5ミリと細い上に、スプリングが付いているのでヤエンを滑らして下しているいる時に道糸持っている手を動かすと掛け針がブランブランと踊って道糸に絡まるので注意がいる、掛け針が跳ね上げ式になっている為に多分掛かりが浅く少し強引にすると身切れを起こしてしまいバラシてしまうのでハリス1号で釣っている感じで寄せてくる。
市販ヤエン

右の写真は2001年の最初の頃に発売された市販のお墨付きヤエンで構造が気に入って歩く距離が短い釣り場所ではこのヤエンのSサイズを主に使っています。

このタイプも少し強引にすると掛かり方が浅いのか掛かり場所が悪いのか慎重に寄せてこないと身切れを起こしてバラシてしまうので取り込みに時間がかかリます。

700グラム以下では掛け針に掛かったかはある程度分かりますが、完全に掛かったと自信が持てないので不安の中で寄せて来ますからあまり面白くありません、1キロクラスになると掛かった時の逆噴射で完全に掛かったのが分かリます。

イカの掛け方は以前は2〜3号のバランス鉛を使っていたのでヤエンがイカに届いたと思ってから10秒位してからイカの重みを感じながら力一杯に力強く合わせていたけど掛け合わせに失敗すると終わりでした。

最近は軽いバランス鉛を使用している為にヤエンの位置が想像になってしまうのでイカにヤエンが届いたと思ったらゆっくりと寄せながら道糸をたるませたり張ったりを繰り返したり、少しだけ強めに寄せて来たりしている間にヤエンを入れてから掛かるまで5分位かかる時もよくある強めの逆噴射で掛かったのが分かります。


釣り竿
リーガル2号中通しを今は主に使っています。リーガルは持ち重りがするけど、腰の調子がイカの浮き釣りの時にアタリがあってゆっくりとリールを巻いているときに、イカの動きが手に取るように分かるのし掛けるときにフニャとならずに掛かった瞬間まで分かるので、 気にいって 同じ物を2本使っている。1号の竿も使ったけど 少しフニャとなりイカを掛けたときの面白さが半減するので使っていません。

道糸
2年ぐらい前かから、PEラインを使っています。ナイロンラインだとフグに噛まれるし、3回位使うと飛距離が落ちてくるので4〜5回の釣行で巻き変えていたが、PEラインだとその10倍はもつと思います。 アジの動きとイカの動きが良く分かり、ヤエンにしても浮き釣りにしても掛ける確立が高くなりました。その上に魚を掛けた時の手応えがダイレクトに伝わってくるために、面白さがぜんぜん違います。 カゴ釣りの時は細い道糸が使えるために、飛距離が伸びるようになり気分よく釣りが出来ます。今はナイロンラインは使う気がしなくてPEラインだけを使っています。イカ釣りの時は浮き仕掛け1.5号、ヤエンの時は1号を使っている カゴ釣りは 0.8〜2号を使い分けています。

トップページウキ釣りへ
Copyright©2002,/Kago. All right reserved.


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー